フリーラーニング Free-LearninG For Your Extention
※コンテンツは随時、アップして参ります。最新情報は、まぐまぐ(メルマガ)twitterfacebookmixi にてお知らせして参りますので、便利だと思うツールにご登録ください。

講義内容詳細

柴山政行先生 速習!日商簿記3級 講義内容詳細

「速習!」といっても、単に「ポイントだけをかいつまんで説明するだけ」の講義はいたしません!
簿記を学ぶという事は、ビジネスを学ぶということに等しいのです。大事な所は一歩一歩、かみしめるように解説し、反対に3級合格には必要のない、効率的な学習を妨げるような枝葉は上手に整理しながら、まずは簿記という学習科目を好きになってもらえるように、楽しい講義をいたします。
このテキストでは、ケーキ屋さんの例であるとか、会計帳簿の役割をパソコンの画面になぞらえたりするなど、身近でわかりやすくするためにたくさんの工夫がなされています。
もちろん、日商簿記3級合格に必要な知識は十分揃えてありますので、安心して、講義をご覧になってください!1991年から千人を超える受講生を相手に、簿記の講師を現在まで続けてきた経験をフルに活かして、大手専門学校の授業に勝るとも劣らない内容の講義をいたします。


第1章 簿記のお約束―(約3時間)
    -財務諸表とお金の流れを、大まかに理解しましょう!-

1.開業時に用意するお金のお話:資金調達
2.開業してから営業活動で儲けたお金のお話:営業利益
3.貸借対照表・損益計算書を作る準備って?:簿記のルール1「仕訳」
4.貸借対照表・損益計算書を作る準備って?:簿記のルール2「転記」


第2章 現金預金―(約3時間)
    -現金と預金の動きを把握することが商売のキホンです!-

1.「現金」を調達するルートは、大きく3つのパターン!
2.「現金」勘定として処理されるものの範囲を知ろう!
3.「現金過不足」とは?
4.小切手の「振出し」と「当座預金」とは?
5.残高不足のときの小切手の「振出し」と「当座借越」って?
6.「小口現金」とは?
7.「仮払金」や「仮受金」とは?


第3章 商品売買①―(約3時間)
    -商品の仕入や売上に関する取引を学びます!-

1.商品の仕入から売上までの流れを、ザックリと理解しよう!
2.「手付金」や「内金」とは?
3.商品に問題があって、「返品」や「値引」をしたときのお話
4.商品の仕入や販売にかかる「運送料」などの諸経費のお話
5.当期末に「売れ残り」が出たときの会計処理のお話
6.翌期に「売れ残り」の商品を販売したときの会計処理のお話


第4章 商品売買②、手形取引―(約3時間)
    -商品券と約束手形・為替手形の意味を理解しましょう!-

1.商品券を発行して、現金を受け取った場合の会計処理のお話
2.約束手形の「振出し」と「受取り」とは?
3.受け取った手形を、仕入れ代金や買掛金の支払いに使うときのお話:手形の裏書譲渡
4.受け取った手形を、銀行に持ち込んで早めに資金化するときのお話:手形の割引
5.X商事への買掛金の支払いを、得意先のZ物産に依頼するときのお話:為替手形
6.自分を「支払人」にする為替手形って?:自己宛為替手形
7.自分を「受取人」にする為替手形って?:自己受為替手形


第5章 有価証券、固定資産、その他―(約3時間)
    -資産・負債・純資産などに関するその他の論点を扱います-

1.有価証券の「売買」とは?:取得原価の決定と、売却に伴う損益の発生
2.有価証券の「期末評価」とは?
3.固定資産の「取得」とは?
4.有形固定資産の「減価償却」とは?
5.減価償却費の「仕訳」と「転記」とは?:2つの方法
6.有形固定資産の「売却」とは?
7.「立替金」や「預り金」とは?
8.「貸付金」や「借入金」とは?
9.店主による「元入れ」と、資本金の「引出し」のお話


第6章 貸倒引当金、経過勘定、消耗品―(約3時間)
    -将来の貸倒れや費用の前払いなどの決算項目です-

1.得意先が倒産して、売掛金が回収できなかったときは?
2.過去の実績に基づいて、今ある債権の「将来の貸倒額」を予想したときは?
3.貸倒引当金を設定してから2年目以降の処理は?
4.貸倒引当金がある状態で貸倒れが発生したら?
5.期末時点で、来年分の費用の前払いがあるときは?
6.期末時点で、未払いの費用があるときは?
7.期末時点で、まだもらっていない「受取利息」があるときは?
8.期末時点で、先に受け取った「家賃」があるときは?
9.前期末に計上した経過勘定を、機首に「最振替仕訳」してゼロに戻す!
10.消耗品の「購入」と期末の「在庫」とは?


第7章 決算手続、試算表、精算表など―(約3時間)
    -決算は1年の総まとめです。処理の流れを理解しましょう!-

1.簿記の手続の全体像とは?:「簿記の一巡」
2.決算整理仕訳と決算整理後試算表の作成は?
3.各勘定の締切りと「決算振替仕訳」とは?
4.精算表の作成
5.財務諸表の作成
6.精算表作成の総合問題
7.試算表作成の総合問題


第8章 伝票、帳簿の種類―(約3時間) 
    -伝票や帳簿の書き方などをマスターしましょう!-

1.伝票会計①:「簿記の一巡」と「伝票」の関係
2.伝票会計②:一部現金取引に関する、2通りの書き方
3.会計帳簿の種類
4.いろいろな補助簿①:商品有高帳
5.いろいろな補助簿②:得意先元帳・仕入先元帳
6.いろいろな補助簿③:小口現金出納帳
7.いろいろな補助簿④:受け取り手形記入帳・支払い手形記入帳
8.いろいろな補助簿⑤:売上帳・仕入帳
9.分記法による商品売買取引の記帳:簿記検定試験3級第2問対策・日商4級レベル